くらす すむ を、ことばから。

ことば集め「住む」とは「澄む」こと

こんにちは。

アナログツイート(ショールーム前の黒板に今日の一言を書いてます)だけじゃ飽き足らず、ショールーム内でもことば集めをはじめたmarikoです。

とはいえ、やっぱりアナログにやってます。

とても素敵なこの本「日本の言葉の由来を愛おしむ(高橋こうじ)」を参考に。

「日本の言葉の由来を愛おしむ」を参照してのことば集めをはじめました。日本語は一音にたくさんの意味が込められている素敵な言葉です。

リノベーション会社なので、まずは「くらす」「すむ」から。

「くらす」とは、暗くなるまで時を過ごすこと。その積み重ねが「暮らし」になるんです。

「くらす」

くらくなるまでときをすごすこと。

今日一日を命の限り味わい尽くす。

そのつみかさねが「くらし」になる。

 

「すむ」

「住む」とは「澄む」こと。

家は、心落ち着き心澄む、そんな場所。

山笑う 山々に花が咲き誇る嬉しい春にピッタリのことばですね

↑ 「山わらう」

これは単純に私の好きなことばですね。

 

日本語の一音一音には、たくさんの意味が込められています。

「住む」ばしょが心「澄む」ばしょなんて素敵ですよね。

雨露のしのげる、安らかな場所である家。

そこに居られるだけで心は落ち着き、安らぎ、だんだんと心澄んでいく。。

 

春はことばも溢れてやまない季節なので、また時々ブログにも載せていきたいと思います!

東三河リノベーション計画実行中
mariko