「黒」をキーワードに魅せるデザイン【マンションリノベ事例】#000

みなさん、こんにちは!愛知県豊橋市でリノベーションを手がけているリノクラフト今泉です。「黒」をキーワードにデザインするリノベーションのポイントについてのお話。

ブラックチェリーのフローリングとウォルナットの組み合わせのリビングとキッチン

2015年の初夏に完成したこちらのリノベーション事例。今でこそ黒を多用したデザインも増えましたが、この頃はまだまだ目新しい組み合わせ。今見ても新鮮な印象を与えてくれます。

ブラックチェリーのフローリングとブラックウォルナットで作られた家具やキッチン。黒いボーダータイルやオリジナルドアなど、黒系統が主役の組み合わせです。

ウォルナットで組まれたキッチンとブラックのボーダータイルのコンビがカッコイイです。

基本的には白いクロスや建具もあるので、アクセントとして黒が空間を引き締める程度ですが、アイテムとして黒が選べるものは採用すると統一感が生まれます。タイルに始まり、照明、タイルにドア、コンセントに家具の取手など。限られた大きさの部分に対してアクセントやテーマカラーを用いると部屋全体のバランスが保たれます。

魚焼きの無いシンプルなデザインのIHヒーター

IHクッキングヒーターまで黒にこだわっています。ボーダータイルとステンレスカウンターとの組み合わせが日常なのに非日常な感じがして楽しいですね。大きく決めたテーマに対して細かな部分まで統一させることで世界観が成り立っています。事例タイトルも #000 Webサイトを作る言語で「黒」を表しており、ここからもテーマが表されているんですね。

毎週土曜日はリノベーション相談会を開催しています。予約制となっております。お気軽に下記までお問い合わせください。(土曜日無理な方も対応してます!)

Free Call 0800-700-9210 / mail info@reno-craft.jp まで。

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming