蒲郡市緑町 戸建リノベーション 木工事進行中です!

みなさま、おはようございます!東三河リノベな住まい推進中のリノクラフト今泉です。現在、蒲郡緑町にて戸建リノベーション工事が進行中です。

新耐震基準の家としては珍しい丸太による小屋組がダイナミックです。

これぞ戸建リノベの醍醐味と言わんばかりの丸太梁が本当に見事です。私たちの施工上の観点では年式が古くとも対応は可能なのですが、税制や補助金などの優遇措置を考えるとき、昭和56年以降の新耐震基準であるかどうかが大きな分岐点です。

結果としてお客様のメリットを考慮すると新耐震基準以降の年式のリノベが殆どになって来ます。今回のお家も昭和60年ということで新耐震基準の建物ではありますがラッキーなことに土壁に丸太梁の風格ある建物なんです。もちろんリノベーションする限りはデザインだけではなく、断熱性能も耐震性能も向上させます。

古い家に新しいサッシの取付、窓の性能が家の快適性能を決めます。

元々は掃き出し窓(いわゆる床から背の高さくらいまでの幅の広い窓)だった場所ですが、近隣からの視線を考慮して腰高の滑り出し窓に取替です。通風や採光を考慮しながら断熱性能やプライバシーなど複合的に検討した結果です。

既存建物には柱も筋交いも少なかったので新たに柱や筋交いを設けます。

そしてベテラン大工のO氏による柱の立て起こしです。長らく新築住宅ではプレカットと言って工場で殆どの加工を終えた柱をクレーンで組み立てて一日で、ほぼほぼ骨組みが組み上がるという一夜城のような具合ですが、戸建リノベでかつ丸太梁は一筋縄では行きません。その都度、寸法を測り現地で加工、手作業で取付して調整です。

昔ながらの職人技が昔の家を活かしているんですね。リノベーションに職人技は不可欠なんですよ!仕事は大変だけど、そこに古い家がある限り頑張ります。

毎週土曜日はリノベーション相談会を開催しています。現場見学も随時対応していますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

free call 0800-700-9210 まで!

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming