東京リノベ事例 見学ツアー(その2)

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。豊橋でリノベーションを専門としている建築士リノクラフト今泉です。今回のブログも東京リノベーション事例見学ツアーのレポート第二弾です。

渋谷区にあった専門学校(ペットのトリミングスクール)だった建物を徳島県の情報発信と交流の拠点『ターンテーブル』としてホテル、レストランとしてリノベーションされた場所なのです。

実際にランチをいただいたレストランの全景。グレートーンに暖かみのある徳島杉が見事です。

ターンテーブル2Fにあるレストラン。グレートーンの室内はとてもシック。テーブルは徳島県から産出された杉の大木が生かされています。左奥に見える緑色の壁面は実際にアーティストの方が緑色のPOSCAで描かれた絵だそうです。

徳島杉で造作されたベンチで心ゆくまでお喋りできたら楽しそうです。

宿泊スペースの廊下にあるベンチ。こちらも徳島県産の杉材が活用されており、ついつい座ってみたくなる暖かな雰囲気です。旅先で知り合った人とお話に興じるのも良さそうですね。

ホテルの最上階はウッドデッキと植物が出迎えてくれ、野外パーティとか捗りそうです。

屋上に設けられたウッドテラスにはたくさんのグリーンが植えられ、パーティースペースとしても利用できそうです。ビルがひしめく東京だからこそ空を求めて屋上に行きたくなるのでしょうね。この場所は今泉もとても気に入りました。

徳島県とのコラボレーションで企画された建物から、徳島県の特産品すだちの花をあしらったデザインです。

最上階に設けられた客室の室内。ドアなどに施された装飾は徳島県の名産「すだち」の花をあしらってあるとのこと。聞けばなるほど!と思えることですが、気がつかないほどさり気ない徳島県アピールです。

こちらのシェアホテル横にある親水路にデッキを設け、カフェのテラス席として利用されています。

最後に見学させていただいた 「LYURO」 土木用語で水の流れを表す流路から来ているとか。ところどころに水辺を連想させるモチーフのある建物でした。でも、一番に気に入った場所は、目の前に流れる隅田川の親水路に設けられた屋外テラス。外から自由に入ることができ、LYUROにあるカフェのメニューが楽しめます。

実際に見学させていただいた事例はビルのコンバージョン(用途を変えたリノベーション)でした。公園や親水路など周辺環境も巻き込んでリノベーションされバリューアップされた場所は本当に魅力的で飽きない空間になっていました。

豊橋も負けないくらいに楽しい場所を作りたいと思いを新たにして帰ってきました。魅力的な場所は人の心も暮らしも豊かにしてくれます。住まいはもちろん、店舗のリノベーションも承っています。ご相談はご予約の上、お気軽にどうぞ。

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming