活かすということ

こんにちは、marikoです。

リノベーション写真撮影、小物ひとつづつにも注意を払って撮影します

先日写真撮影をさせていただいたI様邸。カメラマンのTさんが、小物の位置をひとつづつ整えて撮影に臨んでいるところです。

写真撮影はリノベーション後の楽しみのひとつです

整えるけど整えすぎない、絶妙のバランス感。お施主様の暮らしや為人(ひととなり)が何となく伝わるように、あるものをそのまま使わせてもらいます。

リノベーションした我が家と撮影しているカメラマンさんを写真に収めるお施主様

そして撮影の様子をカメラに収める社長と、お施主様のIさま。笑

I様邸は、とても生き生きとしています。それはなぜなのか…いたるところにその答えがありました。

張地を変えてよみがえったカリモクチェアはまさに家具的リノベーション

ご実家(=このお家のBEFORE)の縁側でボロボロになっていた、カリモクチェア。張地を変え、可愛いクッションとセットになって、見違える姿になりました。新しいお部屋との相性も抜群。本当にボロボロだったんです(失礼…)。こんなに変わるものかと、私たちもびっくり。

実家の古建具をリノベーションした新居に移設、古さが活きています

実家の古建具(障子)も、移設して見事に調和。

厳しい言い方かもしれませんが、古いものを古いまま残しておくだけでは、何の価値も生まれません。使える形に変え、愛情を持って使うことで、残された価値があるというものです。これは古いものに限らない話ですね。せっかく高価なものや他人が羨むようなものを手に入れても、使わなければ何の価値も生まれず、古びていくだけです。

椅子も建具も、どちらも本当に生き生きと輝いています。

活かすって、そのものの良さを十分に発揮させることだなぁと思います。

寝室筋交いはセルフでペイント。より深い絆と愛情が生まれます

ご自身で塗装した、寝室の筋交い。

自分で塗ったしっくい壁は大切な思い出

トイレのしっくいもIさまが塗りました。

セルフリノベに憧れていた奥さんの夢が実現蒲郡市の実家リノベーションにて、オスモ・リボス塗り体験。こげ茶の木の風合いが素敵です。

自分たちで塗ることで、その場所に愛着が生まれます。愛情をもらって、そのものの価値が十分に発揮されているんですね。家だって嬉しいんです。笑

他にも、余りの板で作った踏み台、

余った材料で手作りしたという踏み台は洗面台とお揃いの色

庭のツタで編んだ籠、

庭のツタで編んだ籠、キャンドルにモルタル小物入、みんな手作り、棚はもちろんDIY

手縫いのカーテン

リノベーションしてカーテンも手縫いして、好みの部屋が完成

などなど、挙げればきりがないほどたくさんの手作り品が並んでいました。子どもたちの作品もたくさん。

手をかけることで生まれた愛情と、使ってもらえること、愛でられたり話題にされたりすることによって、そのどれもが生き生きと輝いていたんです。

「活かす」って、そのものの良さを十分に発揮させることで、それは人であれモノであれ、愛情を持って向き合うことなのですね。

I様邸の撮影をしながらそんなことを思っていたmarikoなのでした。

東三河リノベーション計画実行中
mariko