【中古物件探し】家に選ばれている?

こんにちは、リノクラフトmarikoです。

中古物件さがしのときに思う、感覚的なことがあります。中古物件にもいろいろあります「リノベーションして住む」、その家を中古物件で探す時のことです。

私たちはまず、立地や広さ、築年数などの目に見える基準で探し始めます。リノベーション、まずは中古物件探しから。リノクラフトは物件探しもご一緒します見える基準と物件資料からわかる情報で、候補を決めます。(大事なことです)

次は現地確認。候補にあがった物件を、一緒に内覧します。リノベするための中古探し

これは、本当に面白いです。資料だけじゃ絶対にわからないことがいっぱい。たくさんの物件資料確認→現地案内をさせていただきましたが、毎回面白いです。

周辺環境やその土地の雰囲気。前の住人の気配。そして家自体の…性格?笑

様々なものが相まって、なんとも言えない空気感をまとっているんです。次の人を待っている家もあれば、頑なに拒否している家もある、そんな感じです。そして見に来る人によっても、その気配は大きく変わっているような気がします。

つまり、家の方でも選んでいるんですね。笑リノベーションの着手前はお庭もボサボサです。

だからこそ、「この家が何となく良かったなぁ」とか、傍目に見ていて「お似合いだなぁ」と思った家と、めでたくご縁が結ばれる。笑

内装や外装、お庭などは、お好みのテイストにガラッと変えられます。が、家との相性は変えられません。ことばにすると難しく聞こえるかもしれませんが、服やお化粧は変えられても、体や心は変えられないのと一緒です。

そこのところを家もわかっていて、相性のいい、大事にしてくれそうな人を待っているのかな、なんて思うのでした。
実家リノベのアフター、ウッドデッキで幸せ時間

とはいえ、これは傍観している私の勝手な感想です…。難しく考えずに、楽しく物件見てまわりましょうね!ちゃんと本気の家が応えてくれるので大丈夫ですよ♪笑

東三河リノベーション計画実行中
mariko