【暮らしてみて実感できる】断熱に注目です

リノクラフトのリノベなブログをお読みくださりありがとうございます、marikoです。

寒くなりましたね。寒がりな私は毎年この時期になると「断熱」のありがたさを噛みしめております。。

リノベーションのリノクラフト、おしゃれな外観

リノクラフトもここへ越して来てもうすぐ7年になりますが、しっかり断熱してあるので本当にあったかいです。(↑今の外観とほとんど変わらないけど、何となくできたて感がありますね。懐かしいです。)

断熱してあるので暖かいリノクラフトの店内

7年前の施行中の写真です。断熱材ももちろんですが、窓の性能はとても大事です。この窓はなんとトリプルガラス!

他にも樹脂ペアガラスや、アルミサッシ、元々の窓に内窓を設置した窓などを試していますが、やはり高スペックな窓の効果は高いです。

窓の性能が変わると、窓際のひやっと感がなくなります。結露も減ります。何より、朝晩の冷え込みが緩やかになります。

窓を変えられない場合は内窓をつけるのもおすすめです。窓が二重になるので、かなり性能アップします。

天井の断熱にグラスウールを使います

天井も断熱してあります。2Fとの間には断熱材は無くても良いのですが、ここの天井は高かったので敢えての施工です。

BeforeAfterの劇的変化!

ついでにBefore写真が出て来たので載せちゃいます。リノクラフトが入る前のここはレゲェバーだったそう。その前には小料理屋さんだったこともあるとか。

綺麗に壊してさっぱりしてからリノベです

リノベーションは使えるものは使いますが、新しくした方が良いものは新しくします。リノクラフト社屋も、いわゆる「フルスケルトン」状態にしてから始めています。その方がインフラの整備が捗りますし、断熱もしっかりできます。

リノクラフトのリノベーションコンセプトルームの昼下がり風景。明るくて気持ちが良いです。

心地よい暮らしは、心身の健康あってこそです。断熱が大事だからと言って、ここ豊橋の気候でしたらトリプルガラスにする必要まではありませんが、地域の気候風土に合わせた快適さは大事にしたいところです。

我が家も断熱材を入れ替えて内窓をつけてあるので、朝晩の冷え込みが緩やかです。毎年この時期になると本当に良かったなぁとしみじみ思います。布団から出るのが辛くない!(←重要ですよね)

ちなみにリノクラフトの場合、特にご要望がなくてもある程度の断熱は標準仕様です。ご予算やご要望に応じた対応ももちろん行っておりますのでおっしゃってくださいね!

東三河リノベーション計画実行中
mariko