古民家暮らしを垣間見て

こんにちは、marikoです。先日知多半島に住む知人の家にお邪魔しました!

古民家を購入して、自分たちの手でリノベーションされている最中です。縁側の床を張り替えて、畳を新調して。壁には漆喰。

家が生き生きとしていました。とっても気持ちの良い空間です。床と畳を替えて、風と光の通る、心落ち着く古民家暮らし

丁寧に暮らすこと。自然とともに暮らすこと。「住」の原点を見るようでした。

光と風がとても身近に感じられました。雨の日も、雨を一日中感じていられそうです。…大の字になりたい!!!
梁は横に枝を伸ばす樹を、そのままに使います

梁も立派です。横に枝を伸ばす木(マツ系ですね)を、生えていた時のままの形で使っています。それが結局、一番自然なんですよね。(だから柱はまっすぐ伸びるスギやヒノキを使います) 梁を生かした間仕切り方も素敵すぎます!!!これ、昔のままなんだそうです。

あるものを生かすことで、絶妙に美しい空間が生まれています。

先人の知恵をそのまま引き継いでいる古民家暮らし。そのそばには古民家カフェもありました。

知多半島、美浜の古民家カフェに行ってきました古民家カフェの中はおしゃれで素敵にリノベーションされた空間でした

オーナーさん、ただいま長期旅行中で別の方が営業中。笑 期間限定で本格的なスペインバルになっていましたよ。畑の野菜に自家製のベーコンにハウスワイン。なんでも手作りです。

知多半島の先の方。ここには、一つ一つのことに妥協がなく、そして自由な人たちが居ました。

暮らし方は十人十色。本当にそうだなぁとつくづく感じるひとときでした。

東三河リノベーション計画実行中
mariko