空き家率の最新データが公開、過去最高を更新です。

いつもブログをお読みくださり、誠にありがとうございます。豊橋市でリノベーションを専門に手がけておりますリノクラフト株式会社の今泉です。今回のブログは総務省より最近、発表になりました「空き家数の推移」についてです。

空き家率は13.6%と年々上昇していますが、近年は増加が緩やかになっています。

空き家率に関する統計は2013年のデータで13.5%との事でした。今回2018年のデータとして13.6%微増であるとの結果を読み取ってみようと思います。

感想から申しますと「意外と増えていない」と言うのが率直な思いです。使える空き家の活用(リノベーションなど)が徐々に浸透している事、使えない建物は解体撤去も少しづつ進んでいるとも読み取れます。しかし、空き家率は微増でしたが空き家数としてみますと26万戸と年間で5万戸のペースで増えています。ちなみに、日本に存在する総住宅戸数は6,242万戸と5年間で179万戸増加しています。

では実際にはどのような空き家が増えているのでしょうか?

リノベ前の中古物件はこんな感じ、見違えるほどかっこよくなります

・賃貸用の住宅(アパートなど)431万戸で2万戸の増加
・売却用の住宅(中古住宅など) 29万戸で1万戸の減少
・二次的な住宅(別荘など)  38万戸で3万戸の減少

総空き家数 846万戸と言うことを考えると、アパートなどの賃貸用の住宅が空き家の半分を占める状況、、、、。アパート大家さんのご苦労お察しします。

そしてリノクラフトが専門的に扱う中古住宅は何と29万戸で1万戸の減少!中古を買ってリノベーションという流れが受け入れられてきたと言えそうです。今後とも使える空き家はリノベーションなど活用策を検討しつつ、老朽化著しい建物は除却(解体撤去して更地に戻す)という流れは意識的に行う必要がありそうです。

リノベーションでウッドバルコニーも付け、外観もカッコよく

空き家だらけの街は美観の上でも治安の上でも良いことはありません。でも、使える空き家なら壊さずにリノベーションしてしっかりと活用したいものです。きっと、建物もそんな風に思っていますよ。

中古建物の購入 + リノベーション はもちろん、相続などによる実家リノベーションも積極展開中です。お気軽にご相談ください!

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming