町を元気にしよう

こんにちは、リノクラフトのmarikoです。今日は…

町を元気にしよう!

です。
リノベマンションのベランダで家庭菜園、収穫したプチトマト可愛い!
(↑ベランダ菜園のプチトマトたち。可愛い♡)

私たちは、リノベーションで暮らしを楽しむオモシロイ人が増えていって、町がにぎやかになったらいいな、と思いながら仕事をしています。

私たちの会社だけでは大きなことはできませんが、一軒一軒のお客様と向き合っていくことが大きな力になると信じています。

そんなコツコツの日々から、少しずつできることの幅が広がってきたリノクラフト。TV出演もですが、リノベーション協議会の、豊橋を中心とした三河支部を立ち上げることとなったり、様々な集まりの中で「リノベーションをキーワードに町を元気にできないだろうか」といったお話しを頂くようになったり。

元気な町って、暮らす人ひとりひとりの意識だと思うんです。

依頼される仕事の幅も広がってきましたが、基本は「ひとりひとりの意識」だと思っています。暮らしは基本。なので、一軒一軒のお宅を一緒に作り上げていく仕事って、とっても大事だと思っています。

そしてそこに暮らす人には、「これでいい」じゃなくって、「これがいい」の選択をいつも心がけて欲しいなと思います。(←特に自分に言っています。笑)

家だけじゃないですよ。例えば今朝いちばん。窓から眺める豊橋(東三河!)の朝は、いかがでしたか?いい日になりそうな予感、しましたか?お昼ごはん、食べたいもの、食べましたか?通勤中の景色はいかがでしたか?

その気になれば、素敵なものに溢れていることに気がつきます。自分がいいなと思った選択をしていけば、毎日がさらにワクワクでいっぱいになります。

ワクワクでいっぱいの人が暮らす町は、元気で楽しいですよね!

まずは私から。私たちから!!!

そんなことを思っているmarikoなのでした!風が通らなくてもエアコンのそばで時々風鈴のいい音を聞く↑暑い日に聞きたい風鈴の音。でも真夏はエアコン三昧…。ということで、エアコンの吹き出し口付近にお引越しした風鈴です。笑

東三河リノベーション計画実行中
mariko