【事例写真撮影】自宅の撮影終わりました

こんにちはmarikoです。

時々ひっそりと和モノ好きであることをお伝えしていた私ですが…お洒落な茶筒はどんな空間にもなじみます新元号の発表に、心が震えてます。(/_;)

令和。字の、そして響きの美しさに、はっとした方も多いのではないでしょうか。

やまとのくには、ことたまのさきはふくに。

言霊の幸ふ国。言葉に宿る、やわらかなやさしい気配がそこかしこに咲き誇り、幸せに満ちているこの国。万葉集に出てくるフレーズですが、古来からあるこの国の宗教観をよく表している言葉だと思います。

元号が決まることで、新たな時代への道が開けたような、方向性が決まったなというような、そんな気がしています。日本人の誇りのような、底力のようなものを感じずにはいられません。

…と、ついつい熱くなるmarikoです。失礼しました。

社長のブログにもありましたが、我が家の写真撮影が終わりましたよ!リノベマンションの写真撮影は暮らしながらのひとコマですWAKON。和魂。和の混ざった。和の今。キッチンタイルは川面の涼やかなイメージ。キッチンのタイルは、水面のイメージです。すぐそばを流れる豊川をイメージしたとかしないとか。完全に流行とはかけ離れた、個人的な好みのコーディネートですね。笑リノベで新しい暮らし、お洒落な茶筒はコーヒーや紅茶の保管にも。この機会に茶筒を新調しました。お茶も、茶筒のイメージに合わせてみましたよ。コーヒー紅茶の保管にも最適な茶筒を、リノベに合わせて購入茶筒は、珈琲や紅茶の葉を入れるのにも最適です!

お気に入りのものに囲まれると、丁寧な暮らしがはじまりますね。この茶筒たち、見ているだけで幸せです。。

自宅のリノベーション、そして写真撮影。自分たちがお施主様という不思議で貴重な体験もそろそろ終わりです。

新築同様の快適さと、自分たちにしかない間取りやコーディネート。リノベーションでは、それが賢くコストバランスを考えながら叶えられるんです!

事例の公開、楽しみにしていてくださいね。

東三河リノベーション計画実行中
mariko