中古物件探しについて

こんにちは、リノクラフトmarikoです。

今日は物件探しについて。お客様とお話を進めていく中で改めて、暮らし方は本当に十人十色だなぁと思わされることがあったので書いてみようと思います。同じ物件をご紹介しても、お客様によって感じ方、捉え方が全然違うんです。

中古物件のイメージ写真です。猫好きなら猫のいる家がいい?

(↑これは中古物件探しのイメージ写真ということで。猫の出入りする家がお好みの方もいますよね!?)

例えば、立地。あなたならどんなところがいいですか?…と急に言われても難しいかと思います。リノクラフトでは物件資料や地図を見ながらお話しして、それから気になる物件を見に行く、ということが多いのですが、物件資料を見ながらお話しするだけでも、本当にいろいろなことがわかります。

リノベーション、まずは中古物件探しから。リノクラフトは物件探しもご一緒します

例えば幹線道路のすぐそばの物件だとすると、どこにでもアクセスできる便利さと、騒音等のせわしなさがあります。もちろん、現地に行けばその土地の好き嫌いもありますし、抜け道の使い勝手やよく行く場所への行きやすさなども、その人により大きく異なります。

ほかにも、例えば道路側に広く敷地があれば、駐車場としてたくさん使えます。お友達や親せきの来訪が多い方にとっては大事な要素。ウッドバルコニーや家庭菜園など、庭の使い方も様々です。半面、敷地の広さは金額にもそのまま反映します。庭の手入れは最小限にしたいという方にとっては必要ない要素になります。

お庭にウッドバルコニー。水遊びもバーベキューも楽しみの一つ

中古物件に対するリノべ度合いでも、実は全然違います。割とそのままを活かして味わいたい場合、がっつり変えて楽しみたい場合。予算のかけ方で物件の選び方も大きく変わります。

いかがでしょう。少し挙げただけでも「私なら~かな。」といった答えがあると思います。今はぴんと来ないという方でも、一緒に物件探しをしながら、心の奥にあった「こんな暮らしがしたい」がどんどん表に現れてくる、ということもあります。実際、物件を見たらイメージがわいてきた!という方も割といらっしゃいますよ。私たちも同席しながら、「あぁこの家ピッタリだなぁ」「ちょっとイメージに合わないなぁ」なんて毎回思っています。

中古住宅を購入してリノベーションをしようと考えている方にとって、中古物件探しは本当に大事です。芯がしっかりしていないと、いくら表面を綺麗にしても仕方ないですよね。だからこそ、私たちもその人に合った物件をお勧めしたいと思っています。

東三河リノベーション計画実行中
mariko