新居で冬を過ごして。内窓のすすめ

こんにちは、marikoです。新居で過ごす初めての冬。本当に快適なので、今日はそのことについて書こうと思います。マンションのバルコニー。日当たりの良いプライベート空間です。

以前住んでいた賃貸アパートは、とても景色のいいところでした。景色がいいためか、そこら中に大きな窓。なのでお日さまのあるうちは暖かいのですが、夜はなかなか寒い。朝は寒くて布団から出るのも一苦労。換気扇を付けると隙間風がピュー…。マンション最上階の洋間なのに、何故か座敷から庭を眺めているような感じのするLDK新居は、壁に断熱材を入れ、内窓を付けました。

これが本当にあったかいんです。夜、家に帰ってきてもひんやりとした感じがありません。朝も冷えていないので、すっと布団から出ることができるんです。

それから、こういう経験のある方もいらっしゃると思います。

寒い→エアコンつける→乾燥する→加湿する→ジメジメ…みたいな悪循環。

これも全然ないです。暖房器具を使いすぎないので、空気が気持ちいいんです。


窓まわりは冷えるので、要断熱です

名駅にあるYKK(リノクラフトが良く使わせていただいているサッシの会社)ショールームでも体験しましたが、とにかく寒いのは窓まわり。中古物件だと大体がこの「アルミサッシ」を使用しているので、いくら壁を断熱しても、窓の対策ができないと窓から熱がどんどん逃げて行ってしまうんです。

性能のいい最新窓に変えてしまうのが一番憂いはないですが、マンションのように窓を変えられない場合や予算の都合がある場合などは、内窓おすすめです。

こういうひとつひとつの積み重ねで、快適な生活が成り立っているんだなぁと思います。予算バランス、賢くいきましょう!笑

東三河リノベーション計画実行中
mariko