リノクラフト事例の、Before→After

こんにちは、リノクラフトmarikoです。

今日は、リノクラフトの事例ビフォーアフターをご紹介しようと思います。全く同じ場所を並べてみたので、リノベーションでの変化がよくわかると思います。
リノベーション空間のカッコよさ、決め手は小物です

まずは【Amber Drops】から。リノベ前の中古物件はこんな感じ、見違えるほどかっこよくなります築33年の中古物件は、おおよそこんな感じです。外壁を変えて、ウッドバルコニーを付けて、庭をさっぱりさせると・・・リノベーションでウッドバルコニーも付け、外観もカッコよくこんな感じです。見違えるほど格好良くなりましたね!

玄関も・・・リノベ前の中古物件、玄関


戸建てリノベの玄関ホール、階段も架けかえて動線よくかっこよく
とても同じ場所には見えないですね。階段の位置は少しずらして、玄関からまっすぐアクセスできるようにしてありますが、玄関ドアや土間の位置は変わっていません。

次は実家リノベーションの【récolte】リノベ前の和室、襖も椅子もリノベしました和室を寝室に。

耐震補強と、外からの視線も考えて窓を腰上までにして・・・
窓高変更と耐震補強で快適リノベ
明るくて安心感のある場所になりました。元縁側のところには、洗濯物が干せるように、取り外し可能なポールも付いています。

玄関アプローチは、他のブログでも使わせてもらいましたが、実家リノベのエントランス、コンクリートが優しくカッコイイこの写真の左手にあった玄関を、右手の奥、茂った木の向こう側に持って行きました。実家リノベのエントランス、木とコンクリートがスッキリ優しい印象にまさに、劇的なんとかです。笑

 

最後に、築50年の平屋【Timeless corridor】です。築50年の平屋、リノベーション前の姿です琺瑯の流し台が懐かしさを演出しています。

ここが・・・築50年の平屋、開放的なキッチンに劇的リノベーションこんなに明るく開放的な空間に変わりました。

二間続きの和室も・・・
築古戸建てもリノベーションで劇的に変わります
こんなに変わるんです。

地元産三河杉の無垢床で、更にここから経年変化を楽しめます。築古戸建てを古さを生かして格好良くリノベーション

いかがでしょうか。

古い家を見ると、本当に大丈夫?と不安になるかもしれません。そんなときは、このブログの写真を思い出してください。状態の良い建物、問題個所さえ克服すれば大丈夫な建物なら、見違えるほどかっこよくなります。しかもカッコイイだけじゃなくて、住む人の暮らしに合った使いやすいかたちにリノベーションできるんです。

「生かす」って、こうやって繋いでいくことだと思います。

東三河リノベーション計画実行中
mariko