オリジナル洗面台、大公開!

こんにちは、リノクラフトのmarikoです。今日は洗面特集です!
洗面所はこげ茶とタイル、階段下を利用しました
リノクラフトオリジナルの洗面化粧台は、一見デザイン性があって凝った作りに見えなくもないですが、実はシンプルです。譲れない基本設計に、タイルや鏡、ボウルや水栓の組み合わせだけで様々なスタイルが完成します。なので使い方はその人次第。←オリジナル家具の良さです。

上の写真は、【Amber Drops】。階段下を活用したユーティリティールームは、天井が高くないので籠り感のある空間になりました。洗面ボウルの下はオープンの棚が2段。同じサイズのかごを並べて、しっかり収納として使っていらっしゃいますね。

モザイクタイルのかわいい洗面、ついついおしゃれしたくなるこちらは【Retro-Cube】という、リノクラフト初期の事例。先ほどと同じようにタイルで仕上げた洗面台ですが、印象はまるで違いますよね!洗面下の棚は扉を付けてスッキリさせています。洗面横の家事室は可愛いモザイクタイルでテンションアップちなみに上の洗面台の隣には、こんな可愛い家事室もありますよ。色違いのモザイクタイルで、身支度も家事もテンションアップ!


鏡の後ろは収納で、機能性良く見た目はかっこよく
今度は【Cradle shape】です。カウンターはタイルではなく、メラミン化粧板という水やキズに強い素材を使っています。鏡の後ろは収納になっていて、鏡を左右にずらす仕組み。


大きめの洗面ボウルとお洒落なタイルでゆったりかっこよく
【Kolmio】のカウンターもメラミン化粧板です。幅がゆったりしているので、個性的なボウル(モアイ、という名前の器です)が似合いますね。


お洒落で広々洗面台は身支度も決まります
広々した洗面所といえば【Legrand】。ここの仕上げはモールテックス。水に強くて粘りのある、塗りムラのカッコイイ素材です。


白タイルに黒目地のインダストリアルな男前空間
【Awesome】は、サンワカンパニーの洗面ボウルを使っています。黒いフレームがかっこよく、まるで海外のホテルのような空間に仕上がっています。

他にも、リノクラフト初期の事例【Hot spring】のような、人工大理石で仕上げる方法もあります。洗面ボウルとカウンターが一体なので、スッキリシンプルな仕上がりになり、掃除も楽々です。

いかがでしょうか。お好みのスタイルはありましたか?「私ならこうしたいなぁ」という思いがわいてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。シンプルな分、好みのデザインや世界観にしやすい場所でもあるので、ぜひ楽しんで欲しいとところです。

東三河リノベーション計画実行中
mariko