ユニークな

こんにちはmarikoです。

2020年、半分が終わりましたね。今年は、これまで当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなり、それぞれが新たな価値観を持って歩みはじめる、そんな年になりそうですね。「住」についてもさらに多くの方が、ユニークな暮らしを始めていくんだろうなぁと思っています!

リノクラフトショールームにあるナラ材のカウンターテーブルも新しいお客様をお出迎えの準備です
ショールームから外を眺めながら

ユニークって、派手なこととか変わったことをするというのではないと思っています。内側から自然と溢れてくるものだと思っています。

そしてそれは、ちょっとしたことの積み重ね。例えば、冷蔵庫とは別に冷凍庫が置きたいなとか、玄関土間を大きくして自転車を入れたいなとか。このちっちゃな思い(気づき)の積み重ねが、家をユニークにします。ユニークな暮らしのはじまりです。笑

STAY HOME の呼びかけによって、それぞれが家での心地よい暮らしを模索する時間がありました。はっきり言葉にならなくても、何かしら思うところのある人は多いはずです。

ということで、リノクラフトのお客様はこれまでも十分ユニークな方ばかりでしたが、これからますます増えていくのかなと思っています。

家族そろって、ウッドデッキでかき氷で休憩、写真撮影の合間に。

そうやって完成したユニークな家は、暮らす人と一緒に変化し続けて行きます。一番身近な家とコミュニケーションを取りながら暮らしていくのが当たり前になりつつあるのかなと思うと、なんだか嬉しいです。

自宅の片隅で小さなお店を開いたり、仕事場や作業場を作ったり。自宅でできることも、これから増えていくのかな。

DIYもとてもやりやすくなりましたね。ホームセンターやインターネットで、材料や情報はすぐに手に入ります。いつでもどこでも誰でもできることになりました。

色々な境界が、良い意味でなくなっていくような気がしています。

言葉にならなくても大丈夫です。お話ししながら、一緒に形にしていきましょう!

東三河リノベーション計画実行中
mariko