中古リノベについて

こんにちは、リノクラフトのmarikoです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。木の風合いが愛らしいウェルカムの小物

今日は「中古リノベ」について、久しぶりに書いてみようと思います。

【中古物件+リノベーション】

誰かの住んでいた家を、あなたの住みやすい家に編集し直す作業です。

リノベ前の中古物件はこんな感じ、見違えるほどかっこよくなります

中古リノベといえばこういう家を見つけてくるところから始まります

中古物件というのは・・・だいたいこんな感じです。笑

使用感たっぷり。クロスは剥がれかけていたり黒ずんでいたり。どこも埃っぽくて湿っぽい。

さあ、これを目の前に、「リノベーションして素敵にカッコよく暮らすぞ!」って思えますか?

・・・

そうなんです。生まれ変わる前って、なかなかハードなんです。。

でも、

徹底的に内装を剥がしてしまいます。耐震補強はもちろん、断熱工事、防蟻処理など建物を長く利用する上で重要な作業を行うために必要です。

こうやって古い空気を入れ替えて…

高性能グラスウールが敷き詰められた様子。寒さ暑さを和らげてくれそうです。

断熱材を入れたりして

窓がない部屋に光がはいるよう、壁の上部分に空間を設けました。

ボードで覆って

キャットウォークや猫くぐりをタモの集成材のウォールナット塗装で作りました。

クロスを貼れば

リノクラフトの実家リノベーション、フレンチシックでグレートーン・モノトーンなカッコイイ男前テイストのお宅

ホラ、見違えるほどカッコイイ空間になりそうな気配。笑

※いろんなお家の写真が混ざっています。

この前途多難そうに思えるBeforeを見て、エイッと思い切る勇気!

思い切った先には、素敵なリノベライフが待っているのです♪

2階リビングは明るくて視線も気にならない意外と賢い選択

↑はじめのBefore写真のお家、AmberDrops です。中古リノベで、こんなに素敵になりますよ♪

東三河リノベーション計画実行中
mariko