古民家リノベーション

こんにちは、リノベーションのリノクラフト、marikoです。

今日は・・・古民家のリノベーションのその後をご紹介します!

古民家リノベで外観もカッコイイ

減築して玄関の位置も変え、まさに生まれ変わりました!Beforeとの違いが凄い!玄関周りは椹(サワラ)を塗装、道路に面した側は焼杉。海に近い地域なので潮や雨風に強い仕様です。

古民家リノベのビフォーがヤバイ↑同じ場所のBefore写真。手前の飛び出している建物部分は減築しています。

内装も大きく変わりました。

タイルとオーダーキッチンで古民家がおしゃれにこれはあとちょっとで完成の時の写真ですね。キッチンのカップボードです。古民家の古い梁にタイルがよく馴染みます。キッチンは榀(シナ)に真鍮の取っ手が似合います。

古民家の廊下は古さが心地よい味わい廊下は古さが良い味を出しています。右手の引戸は、この部屋を使うKさんのイニシャル入りのデザインです。

古民家リノベで仏間で客間の立派な和室が完成Y家にとって、和室はとても大切な場所。今回のリノベーションで改めて設えました。床の間の框や長押の一部は移設・再利用しているので、新しくも懐かしい気配が残っています。

古民家の廊下にレトロな洗面がおしゃれ和室の横にはトイレと洗面所。廊下の一角に設けたこの洗面、古さとエレガントさがMIXされて独特の雰囲気を醸し出しています。

いかがでしょうか。

リノベーションをさせていただくと、その家の歴史や建てた人の思い、当時の職人さんたちの気配などをいつも感じます。このお宅は築130年…たくさんの思いが溢れていました。そして当時の家に対する向き合い方がとても勉強になりました。材料は適材適所、再利用は当たり前で、要には良いもの(しっかりしたもの)を使う。何代も前から何代も先までを見越した「今」と当たり前に向き合っていたのだなぁと、ハッとさせられ通しでした。

私たちも梁の掃除をしたり塗装をしたりしましたが、それでも想像以上の時間がかかりました。お施主様も毎日のように来てくださり、職人さんへの差し入れやお掃除(そして2階のしっくい塗りなど笑)をしてくださっていました。家を建てるのはお互い様で協力しながら行うのが当たり前…そんな感じです。頭が下がります。

暮らし方が多様化した今だからこそ、古き時代から学ぶものも多い時間でした。

Y様、ありがとうございました。

東三河リノベーション計画実行中
mariko