【ものづくりの現場から】鉄骨加工の工場に行って来ました。

みなさん、おはようございます。豊橋のリノベーションに携わっているリノクラフト今泉です。先日は田原市某所にあります鉄骨建築の会社ディーテックさんの工場に行って来ました。

角パイプに丸パイプ、H鋼など端正に並べられた場内。

今回、現在建築中の新築戸建てにて階段を鉄骨で製作する設計となっており、こちらで制作した展開図から製作条件の打ち合わせにお邪魔した次第です。

加工を終えたH鋼たちが今か今かと出番を待ちわびています。硬く端正で美しさすら感じられます。

丸パイプに角パイプ、H鋼など様々な鋼材が端正に並んでおり、場内にはゴミ一つ落ちていません!「材料は常に建物に対して平行か直角に置く」との指導を徹底している佐藤社長。まさに鉄のように”曲がったことが大嫌い”な真っ直ぐなお人柄に感心してしまいました。

現地にて採寸してもらっている様子。後からの変更や手直しは厳禁なので緊張する時間です。

そして現場にて採寸です。現場でちょっくら切ったり削ったりなどできないのが鉄骨です。計測ミスなどしないよう慎重に確認しています。青いワイシャツの方が佐藤社長。自分とは対照的な人柄ですが故に惹かれるものがあるナイスな人です。そして後ろ姿はリノクラフト立ち上げ前からの長い付き合いの大工T氏です。

最近は木造の建物でも内外装に鉄やモルタル、異素材を組み合わせたデザインが多くなって来ました。木だけでなく、異素材が放つ個性が空間を彩る家造りってとても楽しいですよ。こちらのお家の重要ポイントの一つが鉄骨階段なので今から仕上がりが本当に楽しみです。

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming