豊橋市石巻萩平町リノベーション工事、現場レポートです。

みなさま、こんにちは!今回もブログを読んでくださりありがとうございます。
豊橋のリノベーション会社リノクラフト株式会社の今泉です。耐震補強も終わり、断熱材が充填された現場レポートです。

ぎっしりと敷き詰められた断熱材は高性能グラスウール16K105mm、性能は申し分ありません。

壁一面にビッシリと充填されているグラスウール。高性能16k105ミリ仕様です。これだけワタワタしていたら、さぞかし快適な空間になってくれそうで今からワクワクが止まりません。

壁のグラスウールはもちろんのこと、天井には高性能グラスウール14K155mmを採用。

こちらは2階の階段ホールの状況。壁だけではなく天井には高性能グラスウール14k155mmを採用。サッシはLixil サーモスXの組合せで現行の省エネルギー基準に適合しています。

現在の省エネルギー基準はUA値0.87に対して今回のリノベーションにて断熱施工も行うことで、UA値0.7となっています。もう少しでゼロエネ!という具合です。実際には明るさ重視の方は窓を大きめにすると断熱の数値が不利になりますが希望される窓を計画したり、逆にスペック至上主義に陥ってコスト度外視にならないようコストバランスを考慮するなど住む人の気持ちに寄り添って設計しています。

サッシの取替えとALCの張替えも進み、塗装まで完了です。

外壁はサッシを取替える都合で一旦、部分的に撤去を行い新たな外壁材としてALCを施工した上で、全体に吹き付け塗装にて仕上げています。そして雨樋も全て取替しています。築30年を過ぎると大丈夫なようで色々なところは傷んでいます。それらをしっかりと次の30年に繋いでいくのもリノベーション大切な役割です。

住宅ローンに縛られない自由な暮らし、実家を活用したい、住みたい地域に手に入る新築住宅が見つからないなどリノベーションで解決できる事例もたくさんです。

リノベーションの事、中古のお家探しの事、ローンなど気になる事のご相談、
お問い合わせは コチラ のページまたはFree Call 0800-700-9210 まで!

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming