田原市赤羽根町の古民家リノベーション作業が進んでいます。

みなさま、こんにちは!豊橋(東三河)にてリノベーションを手がけているリノクラフト今泉です。今回もブログをご覧いただき、ありがとうございます。現在、田原市赤羽根町にて進めている古民家リノベーション、吹き抜けが出来上がって来ました。

床梁に残る130年の歴史、墨で書かれており味があります。

元々の間取りは居間の天井は梁表しの踏み天井で上部は物置だったのを吹き抜けに間取り変更です。床梁には130年前のものと思われる墨書きの番号が見られます。

古い梁を丁寧に汚れを落とし磨いていきます。

二階の部屋から吹き抜けを見下ろしています。歴史を感じさせる重みと高い天井に抜ける光と風が絶妙なバランス感覚で成り立っており、いつまででも見飽きないでいられます。

リノクラフトのスタッフmayuさんが梁のお掃除をしてくれています。長年の塵が積もった梁を磨くと経年で焼けた色の梁が独特の光沢を放ってくれ、時代を経た材が持つ味というのが如何に貴重なのかを感じさせてくれます。

ヒノキで手作りした妻飾りを取り付けしてます。

外では現場を担当してくれている大工の梅田さんが妻飾りの取付をしてくれているところです。この古民家自体がリノベーションを通じて命を新たにし、そして飾り付けられることを嬉しく思ってくれているようにも感じられます。私もリノクラフトという会社としてリノベーションに携われていることに喜びを感じられる瞬間ですね。

リノクラフトはマンションから古民家までその家に相応しいリノベーションを一軒一軒、丁寧に取り組んでいます。古い家を建て替えでなくリノベーションをしたいと思う方、お気軽にリノクラフトまでお問い合わせください。

豊橋発リノベーション専門会社リノクラフト
Izuming